上部タンジェントアーク : してログ

12

6/27の大気光学現象祭りを別カメラで撮ったものです。製品レビューまだ書いていませんが、ELMO QBiC MS-1X で撮影したものです。前の世代の MS-1 では長期撮影時にフリーズする不具合があって良くなかったのですが、MS-1X は今のところ大丈夫です。今年は5月から実戦投入していましたが、6月に入ってようやく満足な空を捉えてくれました。


明るさ・彩度を調整した通常バージョン

ディティールブーストした強調バージョン

スクリーンショット

上部タンジェントアーク
上部タンジェントアーク
ハロ
ハロ
幻日環
幻日環
環天頂アーク
環天頂アーク
環天頂アーク
環天頂アーク

2014年6月の空をまとめた動画です。夏至にあたりますので、ほぼ同時に夜が明け、夜が訪れます。月は毎日1時間ずつ遅く出るため、見えていれば斜めに並びます。


5/30


6/3


6/19 上部ラテラルアーク?


6/24


こ、これは…


06/01〜30 新潟市中央区
BSW20KM11BK + LiveCapture2
JPG×169915→自作ツール/TMPGEnc VMW5
Tags #微速度撮影 #大気光学現象 #内暈 #上部タンジェントアーク #上部ラテラルアーク
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

この日(5/4)は全国的に大気光学現象が観測されたようで、各ニュースサイトなどでも取り上げられていました。あまり関係なさそうな保守速報の記事「【写真】日本各地で不思議な虹が目撃されるwwwwwwww」でも、すばらしい環水平アークが出雲大社(←あっ、察し)やスカイツリーと収められています。

新潟はあいにくの曇り空でしたが、鳥が羽を広げたようなタンジェントアークや幻日、ライブカメラなどでは環天頂アークも出ていたようです。もう少し条件が良ければ、お祭りに参加できたんでしょうけど、少し残念な空でした。なお、写真外側の円弧はレンズゴーストです。

<テレビ作品の中の大気光学現象:アニメ編>

■宇宙兄弟
第76話 - 第87話 主題歌 HALO / tacica
タイトルのHALOは恐らく内暈のことです。主題歌の TV CM の中でも内暈のイメージカットが使われていました。しかし、残念ながら作中やOP、PVではイメージはありませんでした。なお、曲自体はなかなか良いです。
- 【宇宙兄弟】HALO【tacica】 - ニコニコ動画

■マギ(第2期)
第14話 - 第24話 主題歌 光-HIKARI- / ViViD
OP映像のタイトルのバックで、いきなり見事な両幻日、幻日環を伴った豪華な大気光学現象が出てきます。
- 「マギ-Magi 」 OP2 ViViD 光-HIKARI- - YouTube

■それでも世界は美しい(第5話)
新潟では放送していないので未確認ですが、主人公ニケ姫が天候を操る能力を使って、太陽の周りにリングを掛けるシーンがあったそうです。リングとはもちろん内暈のことでしょう。主人公の能力からして、これからも何か出てくるかも知れません。

■天空の城ラピュタ
雲に映ったタイガーモス号(主人公たちが乗る飛行船)の影のシーンで、ブロッケン現象が確認できます。

■虹多数
その他、様々な作品で虹が描写されていますが、三日月と同じように適当に描写されることが多いです。色の順番など科学的に正しい表現をしている作品を探すのも面白いかも知れません。

05/04 加茂市 冬鳥越スキーガーデン
Canon EOS Kiss X4 / SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
HDR RAW×3→Photomatix / Photoshop
Tags #大気光学現象 #内暈 #幻日 #上部タンジェントアーク
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

最近、大気光学現象のほうは微速度撮影ばかりやってますので、どうしてもアップが遅くなります。現象が現れたり、消えたりするので、微速度撮影のほうが都合がいいのと、日食で買ったND100000を使うと簡単に撮れることに気づいたためです。

ND100000はファインダーで見ると真っ暗ですが、そのかわり昼間に10〜20秒開けても平気なため、リモートスイッチのバルブロックで微速度撮影になるのです。この被写体だからこそ、太陽撮影用の減光具合がバッチリ合うわけですね。だいたい、ピーカンではISO100で15秒ぐらい、少し暗めの場合はISO200〜400あたりで調整します。また、切れ目なく撮影が続く(瞬間の間欠でないという意味)ので、動画にしたときのフリッカもほとんどありません。眠ってるND100000がある人はぜひお試しあれ。


↑幻日がいつもより細長い


↑雲が流れていて、左右交互に出たり消えたり


↑ついに両幻日!しかも長〜い(*^_^*)


↑これは幻日環と言ってもいいよね?


↑環天頂アーク?、上部タンジェントアーク


↑X4は微速度撮影中


10/23 新潟市中央区
Canon EOS Kiss X4SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
JPG×371→TMPGEnc VMW5
Tags #大気光学現象 #内暈 #幻日 #幻日環 #環天頂アーク #上部タンジェントアーク #微速度撮影
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

昨日の分に、はっきりとタンジェントアークが写っていました。15:30頃(動画時間で1'00")が一番くっきりしています。このカメラでこの写りなら、肉眼&一眼で見たかったね。動画は60fpsなので、ヌルヌル動くのが見たかったら、HTML5版で見てね(^^)

08/21 新潟市中央区
BSW20KM11BK + LiveCapture2
JPG×5667→TMPGEnc VMW5
Tags #微速度撮影 #大気光学現象 #内暈 #タンジェントアーク
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です
6月に撮影した大気光学現象の総集編です。

06/01 12:19 内暈/S100 飛行機とコラボしたんだけど…

06/06 11:46 内暈/S100 完璧(^^)

06/09 17:35 環天頂アーク/iPhone

06/09 18:10 内暈/X4 この日の光景は忘れない → こちらの記事もどうぞ

06/09 18:52 上部タンジェントアーク/X4 一瞬の煌きでした

06/10 13:17 環水平アーク/S100 とても薄いけど…

06/10 19:10 サンピーラー/X4 炎が燃えるような

06/11 19:28 薄明光線/S100 淡い薄明光線の中に三日月が浮かんでいました

06/12 17:31 彩雲/S100

06/13 19:02 グリーンフラッシュ/X4 初めて見たグリーンフラッシュ! → こちらの記事もどうぞ

06/13 19:02 グリーンフラッシュ/S100 同

06/14 15:54 光冠/S100

06/14 18:47 薄明光線/S100

06/17 11:20 内暈/S100

06/24 18:59 幻日/S100

06/28 15:10 内暈/S100

06/28 16:51 幻日(左)/S100

06/28 17:00 幻日(右)/S100

06/30 17:16 環天頂アーク、内暈/S100 → 昨日の記事もどうぞ

今月は何と言ってもグリーンフラッシュ。思い出深い月となりました。

Tags #総集編 #大気光学現象 #内暈 #幻日 #上部タンジェントアーク #環水平アーク #薄明光線 #光冠 #彩雲 #グリーンフラッシュ
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です


↑パノラマは拡大してご覧ください(縦長に表示しています)


雲海に浮かぶ佐渡ヶ島です。こんな姿の佐渡は見たことがありませんでした。

HDR画像はナチュラルに合成して細部強調を少し入れてあります。パノラマ画は、フル解像度の4画角から合成し露出調整は自動です。動画は、EOSムービーの素材からですので、野鳥のさえずりと共にお楽しみください。

・大気光学現象編 → 大気と紺碧の海の輝き

6/9 新潟市西蒲区 多宝山山頂
(HDR) Canon EOS Kiss X4 / SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM / HDR RAW×3→PhotomatixTpzAdjustPhotoshop
(パノラマ) Canon EOS Kiss X4 / EFS60mm / JPG×4→Windows Live フォトギャラリー
(動画) Canon EOS Kiss X4 / EFS60mmCanon PowerShot S100 / EOS Movie×4→TMPGEnc VMW5
Tags #大気光学現象 #環天頂アーク #上部タンジェントアーク #幻日 #内暈 #佐渡 #雲海
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です





昨日の夕景は今まで生きてきた中で最も素晴らしいものでした。Facebook には iPhone で撮った写真を流しましたが、何にも伝わってないと思います。iPhone も含めて3台の電池がある限り記録しました。息を呑む光景という言葉は、まさにこのような時に使うのでしょう。

場所は、弥彦山の隣の多宝山の山頂です。弥彦山は頂上付近まで弥彦スカイラインが通っていて、山頂の駐車場から少し登るだけで、このような眺望が開けます。日本海側には佐渡の全景が、反対側は蒲原平野が広がります。

山頂の駐車場に着いて、淡いブルーの雲海に浮かぶ佐渡ヶ島(これがまた超絶綺麗なんです)を目の前にした時、声にこそ出しませんでしたが心の中でガッツポーズを繰り返しました。もうね、言葉や考えなんか出てこないです、どうやっても形容できないし、写真だって伝えられない、たぶんそんな敗北感すら感じたと思います。

ひとしきり撮影して、多宝山山頂へ。

しばらく眺めていると薄いハロが見え始め、左の幻日と共にみるみる濃く(2枚目)なって行きます。ここからが本番でした。幻日が横に鋭く伸び、遂に天頂に環天頂アークが輝き(3、4枚目)ます。ものすごく神々しい一瞬でした。残念ながら、環天頂アークは濃くはなりませんでしたし、右の幻日はハッキリしませんでした。しかし、沈む直前にとびきり濃い上部タンジェントアーク(最後5枚目)が締め括るような輝きを見せました。

沈んだ後の夕焼けも、本当に素晴らしいものでした。佐渡ヶ島との間の海には海霧が広がり、漁火が白い蛍のように優しく輝いています。こんな景色に出会えるなんて、本当に運が良かったんだと思います。私の写真では十分に伝えられないと思いますが、何回かに分けて記事にしたいと思います。

思い出しながら書いたら、やっぱり興奮してしまいました。拙い文章で、ごめんなさい。写真だけで良いのです。

6/9 新潟市西蒲区 多宝山山頂
(1) Canon PowerShot S100 / HDR JPG×3→PhotomatixPhotoshop
(2) Canon PowerShot S100 / HDR JPG×2→PhotomatixPhotoshop
(3) Canon PowerShot S100 / HDR JPG×3→PhotomatixTpzAdjustPhotoshop
(4) iPhone5 / JPG×1→Photoshop
(5) Canon EOS Kiss X4 / SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM / JPG×1→Photoshop
Tags #大気光学現象 #環天頂アーク #上部タンジェントアーク #幻日 #内暈 #佐渡 #雲海 #夕陽
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

昨日の夕陽は、両幻日と内暈、上部タンジェントアーク、薄いながら太陽柱を伴った豪華なものでした。海に映る夕陽のラインとでロザリオを作って実に神々しかったです。残念ながら雲の中に没しましたが、久しぶりにHDR映えする夕景に出会いました。

06/05 新発田市藤塚浜 紫雲寺記念公園
Canon EOS Kiss X4 / SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
HDR RAW×2→PhotomatixPhotoshop
Tags #夕陽 #海岸 #大気光学現象 #内暈 #幻日 #太陽柱 #上部タンジェントアーク
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です
5月に撮影した大気光学現象の総集編です。
紹介済みの写真もありますが、今まで単発ハロとかは撮影しっぱなしでしたので、こういう形で紹介してみようと思います。

05/10 13:21 内暈/S100

05/17 18:44 太陽柱/S100/これは太陽柱でいいのか?

05/18 17:02 内暈/S100

05/20 17:36 幻日(左)/S100

05/25 13:03 環水平アーク、内暈/X4

05/25 13:03 幻日環、内暈/X4

05/25 18:01 幻日(左)/S100

05/26 10:41 内暈/S100

05/26 14:12 幻日環/X4

05/26 15:34 上部タンジェントアーク/X4

05/27 12:12 内暈/完璧(*^^)v/S100

05/31 14:43 内暈/かなり薄い(>_<)/S100

という訳で、なかなか恵まれた月でありました。

Tags #総集編 #大気光学現象 #内暈 #幻日 #上部タンジェントアーク #幻日環 #環水平アーク
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です
12