レンズ : してログ

所有レンズの中で最も利用頻度の高い、AT-X 107 DX Fish Eye 10-17mm F3.5-4.5 が壊れたので、メーカー修理を利用してみました。

故障したトキナーレンズ
故障したトキナーレンズ
症状
  • カメラの表示で絞り値が「00」と表示される
  • AF に切り替えても動作しない(半押ししても無反応)
  • シャッターを切ると「カメラとレンズの通信不良です」のエラーが表示される
絞り値が「00」表示
絞り値が「00」表示
シャッターを切るとエラー表示になる
シャッターを切るとエラー表示になる
原因

星空のタイムラプスで朝まで放っておいたとき、朝方、雨に洗われていましたので、雨水の侵入だろうと思います。一応そのときは動作していたのですが、乾かして数日後に使おうとしたら故障していました。

時系列
修理依頼と引取手配

トキナーカメラ用レンズ アフターサービスのページに記載のフリーダイヤルに電話して、オペレータに上記の症状を伝えると、すぐに故障修理の判断になりました。修理品を引き取りは最短で翌日ということで、かなり素早い対応で関心しました。この方法だと往復送料が1,500円、これに修理代がプラスされた金額を返送時に代引きで払う形になります。これ以外の方法だと、自分で発送し代引きで受け取る方法、最寄りのカメラ店に修理依頼する方法があるようです。

修理見積もり

やり取りは FAX になり、金曜送って月曜日には診断結果が返って来ました。結果は予想通りの「メイン基盤の不具合によるもの」ということで、部品代が 2,560 円、技術料が 14,000 円、往復送料が 1,500 円、合計で 19,505 円でした。修理進行か未修理返却の丸を付ける欄があるので、どちらかに丸を付けて FAX を送り返します。

修理品の受け取り

修理が完了すると、また FAX が送られてきました。今度は、受け取りの配達希望日と時間帯を記入して送り返すようになっていました。と言う訳で、受付から完了まで非常にスムーズで安心感のあるサービスでした。