ライセンス認証 : してログ

Windows 8.1 のライセンス認証をしようとしたところ、電話でのライセンス認証になりました。 VMware ESXi 用に購入した PC にプリインストールされていた、Windows 8.1 を仮想マシン上にインストールしようとしていますので、ハードウェアが全部変わったという扱いになったのだと思います。

  1. ライセンス認証の実行

    「このプロダクトキーは他のPCで使われています」という表示が出て、新しいプロダクトキーの入力、プロダクトキーの購入、サポートに電話(Windows を再インストールしたり、ハードウェアを最近変更した場合は、サポートにお問い合わせください)の選択肢が表示されました。「サポートに電話」を選択します。

  2. 国または地域の選択

    地域の選択が表示されるので、「日本」を選びます。

  3. 電話

    フリーダイヤルと有料電話番号が表示されるので、フリーダイヤルのほうに電話します。

  4. インストールIDの入力

    自動ガイダンスに従って、製品種別(Windows)を選択すると、インストールID の入力を求められますので、画面に表示されている 9 組の数字を入力します。ここで通った場合は、確認ID を自動ガイダンスが案内してくれますので、次の画面で入力します。今回は、ハードウェアの大幅な変更と判断されたためか、オペレータとの対話になりました。

  5. オペレータとの対話

    しばらく待たされた後、オペレータに繋がりました。聞かれたことは、インストールID、製品の種類、他のPCで使っていないか、何回目のライセンス認証か、今回の1台での利用になるか、くらいだったと思います。それぞれ、Windows 8.1、プリインストールされていたものを消して ESXi 上の仮想マシンにインストールしたこと、同じPCでの使用であること、2回目のライセンス認証であること、今回の1台での利用であること、を回答しました。

  6. 確認ID の入力

    オペレータから確認ID が発行されたと告げられ、口頭で聞きながら入力をしました。最後に、「ライセンス認証」ボタンを押して Windows ライセンス認証が完了しました。

この Windows 8.1 は、最初から ESXi 上の仮想マシンで利用するつもりだったので、プリインストール時に認証しなければ良かったのだと思います。 プリインストールの OS を、ゲスト OS として同一マシンの仮想マシン上で実行するのは、ライセンス違反とはならないようです。