メモリ : してログ

WIndows7 ですが、最近メモリが足りなくなることが頻発するようになっていました。 最近のブラウザはメモリを贅沢に使うようになっているし、作業上3種類を同時起動していましたから、仕方ないのかなと。 でも、さすがに我慢できなくなってきて、増設しようかと調査していたら、すでにマザーボードの最大容量4GBを積んでいて、これでメモリ足りないなんて訳ないだろうと疑い始めます。 システムのほうをチェックしていて、ようやく気づきました。 システムのプロパティでは4GBと表示されているのに、タスクマネージャでは2.8GBになっています。 しばらく見比べていて、システムのプロパティのある表示に目が止まります。 あれ? カッコ書きで2.75GB使用可能って書いてある。 なるほど、今まで2.75GBしか見えて無かったってことですよね。

インターネットで検索してみると、BIOS が古いと 64bit の Windows7 では 3.2GB 以上のメモリをフルに利用できないことがあるそうです。 原因が分かったので、最新版の BIOS を探すことにしました。 蓋を開けてマザーボードを調べると、Foxconn G31MX とあります。 これを検索すると、G31MX と G31MX-K というのがヒットするのですが、どちらなのかイマイチ分からない。 ここは適当ですが、G31MX-K のページからダウンロードすることにしました。

  • Foxconn G31MX-K サポートページから Tech Support のタブに BIOS(最新版) と FOX LiveUpdate をダウンロード
  • LiveUpdate では最新版の判定になりますが、手動アップデートを行い 773F1P14 を入れます
  • 終了したら当然再起動です(動け!)
  • 新しいハードウェアが検出されたり、Windows 再認証が必要だったりしますが、取り敢えず確認します
  • 無事4GBと認識され、動作もだいぶ軽くなったと思います
  • 不思議なことに、接続していない A ドライブを認識しました(懐かしのフロッピーディスクドライブです)
参考:Microsoft のサポート情報
BIOS アップデート前後の比較

↑ BIOS アップデート前(2.8GB しかない)


↑ BIOS アップデート後(4GB になった)



↑ BIOS アップデート前(灰色のハードウェア予約済という部分が見えていない)


↑ BIOS アップデート後(灰色の部分が無くなった)