フォント : してログ

ゼビウスの設定でゼビ語文字という珍妙なものがありますが、それをゲームのフォントに組み込んでみました。単色の文字だと2進数に直してダンプするだけで文字が見えくるので、ツールを作るのも割と簡単でした。ちなみに、ゼビ文字は数字が16進数なのですが雰囲気が出れば良いということで、ご了承ください。

簡単な字形なのでそうかと思いきや、実際にドットを打ってみるとかなり辛いです。もっとウェイトのあるフォントにしたかったのですが、細い線を使わないとまるでうまく行きません。あと、設定されていない記号などは適当にデザインしました。ちなみに、「&」はシオナイトがドッキングする様子、「?」と「!」は悩みましたが雰囲気は壊していないと思います。

完成したゼビ語フォント
完成したゼビ語フォント
実際に書き換えてみるとこんな感じです
実際に書き換えてみるとこんな感じです

実際にプレイもできますが、スコアがぜんぜん読めない以外は支障は無いでしょう(何が書いてあるかは読まなくても分かりますし)。あ、でもネームエントリは正しく入力するのは、まずムリと思います。講座にでも行って、正しいゼビ語を習得しましょう。

Font Silo 書体は、文字幅の情報を持っていないフォントデータでしたので、最大幅+2ドットで今まで定義していました。 この場合、細い文字では異常に詰まって表示されたり、前後の間隔が違って表示されていました。 今回、下記のように文字幅を計算しなおすことで、以前より自然な表示になるよう調整しています。 美しく表示されるようになった、Font Silo 書体をぜひご利用下さい。

  • グリフの最大幅を基準にする
  • グリフの前(左)余白と同じ幅になるよう、右側の余白を計算に入れる
  • 最低の文字間隔をフォントサイズの1/8になるようにする
  • 最低の文字幅をフォントサイズの80%とする

電光掲示板 Generatorナガ10を追加しました。 X Window System 用に開発されているようですが、その小さすぎず、大きすぎずのコンセプトが、このサービスにもピッタリです。 このサイズでありながら、ボールドと、かな文字をまる文字と明朝体に入れ替えた、計4書体が用意されています。

今度こそ、最後だと思います。 他に良い書体がありましたら、ご紹介ください。

関連リンク

電光掲示板 GeneratorAyu ビットマップフォントを追加しました。 このサービスとしては大きめの、18ドットゴシックと明朝、20ドットゴシックの3書体です。 Linux 系のフォント、東風フォントや Kappa 20 dot の流れらしいが詳細は分かりません。 このフォント自体はパブリック・ドメインということで、版権問題はクリアされているものと思われます。

ここ最近進めてきたフォント開拓はひとまず終了になります。 和文ビットマップ・フォントでは、もう無料で利用可能なものは無いと思われます。 なお、欧文フォントについては星の数ほどありますので、欲しいものがあったらリクエストしてください。

関連リンク

電光掲示板 Generator に、平木敬太郎氏のデザインされたフォント15書体を追加しました。 このような高品質なビットマップフォントの利用を、快く許諾していただきましたことにお礼申し上げます。

これらのフォントは、X68000 向けの有料フォントだったようですが、現在は SIL Open Font License 1.1ライセンスのもとで提供されているようです。 配布サイトで古いライセンスの記載も見られることから、今回は直接お問い合わせして許諾を頂きました。

16ドット太明朝体『道玄坂16』
16ドット隷書体『八丁堀16』
12ドット太明朝体『道玄坂12』
12ドット細明朝体『神楽坂12』

これらのフォントは、X68000 用のグリフデータとして提供されており、単純な変換プログラムを作成して組み込みました。 カーニング(文字ごとの幅)のデータが無いため、使用しているドットの最大幅+1で代用しています。 このため、文字の組み合わせによっては間隔が不自然な場合があります。

関連リンク