ドライブレコーダー : してログ


ANKER ROAV DashCam C2

ネットニュースで ANKER がドラレコ出すって見て即買おうとしたら売り切れていた ROAV DashCam C2、在庫が復活していたので購入してみました。安いドラレコは数あれど内臓電池に不安を感じていたので、その分野で定評のある ANKER という安心感からレビュー等は見ませんでした。

ひとつ前に買った TaoTronics TT-CD05 は、電池が膨らんで外殻(シェル)を破ってしまい、とても安心して車に付けていられませんでした。もし、車の中で爆発したりしたらと思うと、安いドラレコはなかなか手が出せなくなっていました。そこにこの ANKER のドラレコ、価格も1万円と、もう買うしかないでしょ、と言う訳で久々の製品レビューです。

外観・質感

パッケージはアップル臭さを醸し出しており、個人的には「そこまでしなくても」という気がします。付属品のステーは粘着テープと吸盤の2種類が入っていて、シガーソケットの充電器、ケーブルを隠すヘラのような工具も付いていました。マニュアルもしっかりしており、安い割にはしっかりとしたパッケージ構成となっております。

製品自体も金属質の外殻で、まるで高級コンデジのような感があります。ボタンの押し感もしかり、Tao とは大違い(TT-CD05 は押したら反動でボタンが外れたのには笑いました)です。ただ、電源ケーブルの差し込み感が緩くて、振動で外れてしまわないかが少し心配になりました。

全体的に好感を持ちましたが、SDカードの抜き差しがしにくい形状だったのが残念でした。フラットな横面にスリットが入っているだけなので、指で押して取り出すことができず、爪で押すことになります。設置してしまうと、スリットが見えにくくなり、それを探すのにイライラしてしまいます。頻繁に抜き差しする人は、この点を検討したほうが良いと思います。

画質

まずは設置作業時に撮影した動画より、キャプチャーした画像をご覧ください。

フルサイズ 1980x1080(これで映りが良いほう)
フルサイズ 1980x1080(これで映りが良いほう)
一部を拡大するとこんな感じ
一部を拡大するとこんな感じ

画質の設定では、バランスモード、パノラマモード、ナンバープレートモードの3つのモードがあります。しかし、どれを選んでも同じような画質であまり違いを感じることができませんでした。

肝心の画質ですが、正直言ってよくないと思います。発色も違和感ありますし、アスファルト等細かい模様にブロックノイズが目立ち、シャープネスが強すぎて被写体にハロー(縁取り)が付きます。また、ダイナミックレンジが低いのか、空や雪の輝度に引っ張られ、その他は黒く潰れてしまいます。動画編集ソフトでガンマ値を最大に上げてようやく見れるようになるレベルです。

シャープネスが強すぎます
シャープネスが強すぎます

これらの多くは、エンコードチップの性能によるところが大きいように思いますが、パラメータ等のチューニングによって改善できる可能性があるだけに、画質関係の設定項目がほとんど無い点が残念です。明るさやコントラスト、シャープネスを調整すればもう少しマシにできると思うので、ぜひファームウェアのアップデートで対応して欲しいものです。

もしかしたら、ナンバープレートや信号の色、その他ドラレコ用に画質を極めた結果なのかも知れませんが、ちょっと期待外れなものでした。もし、ドライブ風景の動画素材の作成を目的に考えている人は買わない方が良いと思われます。

実用面の画質

シャープネスがキツイのはナンバープレートの判別しやすさを考えた結果なのかと思いましたが、そうでもないみたいです。拡大して確認してみましたが、実用面でも多少疑問符がつくような結果でした。しかし、事故の状況といった近距離の出来事ならしっかりと記録してくれると思われます。

  • 少し離れた車のナンバーを読み取るのが難しいです(サンプル画像の右3台がすでに危ない)
  • 信号機は中~近距離のものであれば点灯色が判別可能ですが、それ以上はなれると点灯は分かるものの色の判別が難しくなります

その他

その他ドライブレコーダーとして、Gセンサーの感度、動画の長さ、駐車時モードなどの基本的な設定項目があります。しかし、プラスアルファとしてあってもいいような機能、遊び心みたいなものは皆無です。純粋に「何かあったときのためのもの」という目で本製品を見ると、取り付けの容易さ、シンプルな機能設定、証拠を記録するために調整された(好意的に見た)画質、と無難な内容かと思います。

まとめ

ドライブレコーダーにプラスアルファ(特に画質)を求める用途だとイマイチな製品です。何かあったときのためのドライブレコーダーとしてなら、堅実でしっかりとした造りをしています。ドライブレコーダーなのだから、ナンバーがはっきり見え、信号の点灯が映り、起きたことがしっかり記録されることが重要です。

逆に、車窓風景撮りにつかったり、タイムラプス動画を撮りたかったり、車以外での撮影をしたり、といった目的では難しいかなと思います。致命的なのは画質で、シャープネスがどぎつくかかった映像は、VHS画質のようにも、ホラー風のエフェクト映像のようにも感じます。せっかく ANKER というブランドで出しているので、次は画質にもしっかり拘った製品を出してもらいたいですね。

評価点
  • 製品構成の丁寧さ(付属品、マニュアル)
  • 高級な質感
  • 簡単なセットアップ
改善点
  • SDカードの取り出し難さの改善
  • 画質の向上と、画質調整の設定(明るさ、コントラスト、シャープネス)
  • 映像のフリップ機能(上下を逆に取り付けたいとき)
  • フレームレートの変更(タイムラプスに使いたい)
  • SDカードの付属
総合評価:★☆☆☆☆

うーん。ドラレコ専用として使うしかないな。

追記

しばらく使ってみてやっぱり画質が悪いのがネックで、ドラレコとしても難しいという評価に変わりました。空に露出があっている感じで雲なんかは綺麗に映るんですけど、映像が全体的に暗くて肝心の車や人などが黒潰れしてしまうようです。また、映像エンコード処理のアルゴリズムが悪いのかブロックノイズで更にディティールを潰しています。恐らく質の悪いセンサーとエンコードチップのせいで、強くシャープネスを掛けないと塗り絵のような映像しか出なかったんじゃないでしょうか(今でも十分塗り絵ですけど)。

せっかく ANKER が出しているのに、ロゴが付いていないのはその辺を十分に認識していてそうしたんでしょうね。外観はいいのに中身が伴っていないという、こんな製品を出してしまう方がロゴを消すよりダメージは大きくなると思います。次はもっといいサプライヤーを見つけて製品化お願いします。


今回はドライブレコーダーの動画素材を使って、撮影時のブレを補正する方法を解説していきます。


<用意するもの>

VirtualDub
http://www.virtualdub.org/

Deshaker
http://www.guthspot.se/video/deshaker.htm


<処理手順>

1. VirtualDub で動画を読み込みます

2. Video → Filters → Add → Deshaker でフィルタを追加します

3. Deshaker の設定を開き、Pass 1 parameters の黄色い部分を変更します

4. Filters 設定を閉じ、「右三角0」を押します

5. 動画が再生されるので、最後まで終わるのを待ちます

6. Video → Filters を開き、Deshaker の設定を開きます

7. Pass 2 のボタンを押し、Pass 2 parameters の黄色い部分を変更します

8. File → Save as AVI で、動画を出力します




<少し補足>

処理手順で示したように、分析とフィルタ適用の2回のパスで処理するような流れになります。1回目のパスで音声が邪魔な場合は、Audio → No audio を選択しておくと良いと思います(Save as AVI の前に戻さないと音声が消えるので注意)。

補正の設定ですが、カメラは車に固定されているので、上下(Vertical)を大きめ、左右(Horizontal)と回転(Rotation)は小さめ、前後(Zoom)は補正なしにしています。前後をなしにするのは、加速や減速時に拡大や縮小されるのを防ぐためです。

なお、作例では上下の補正をもう少し小さくした方が良かったかも知れません。


<追記>
 * zoomをオフにするのは、Pass 1 の Detect zoom のチェックを外すほうが簡単でした。
 * ブレの激しい素材は、Pass 1 の Scale = Full / Use pixels = All にすると良いみたいです。


06/27 新潟市
Transcend DrivePro200
MOV×1→VirtualDub + Deshaker / TMPGEnc VMW5
Tags #動画 #ドライブレコーダー
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

値段が安い割に、1200万画素、150度の広角、ウェブカメラ機能と性能が良さそうだったので購入してみました。 ライブカメラ用にどうかという検証と、だめならだめで自転車用ビデオカメラとして使えると思ったからです。 主なスペックは下記の通り。

主な特徴
  • 1200万画素
  • 150度広角レンズ
  • 防水、最大30メートル
  • 交換可能なリチウム電池
  • マイクロSDカード最大32GBまで対応
  • マイクを内蔵しておりウェブカメラとしても使用可能
USBカメラとして

まず、ライブカメラ用としてですが、現在使っている BSW20KM11BK を高画質化したいので、1200万画素で広角150度である点に期待していました。 しかし、実際使用してみると、とても1200万画素だとは思えない解像感しかなく、画角も BSW20KM11BK の水平120度よりも狭いようです。 なぜか、対角で150度だとしても、斜めにしたところで現在よりも狭い範囲しか写りませんでした。 また、PCに接続してみたところ、720pのモードしか出てこず、フルHDとはなりませんでした。 という訳で、ライブカメラとしては残念ながら要求を満たしておらず、この目的での利用は断念しました。

豊富な取り付け用ブラケット

本来のアクションカメラとしては、豊富なブラケットが付属されており困ることは無いと思います。 自転車などのフレームに挟む部品や、カメラ用の雲台に取り付ける部品、ヘルメットなどにマジックテープで固定するものなどが付属しています。 ただ、自転車用のブラケットで、内側にすべり止めとして入れるゴムが入っていなかったため、販売店から送ってもらう必要がありました。 この手の中国製品は、付属品が全て揃っているか必ず確認しておいたほうが良いと思います。

肝心の画質等は?

はっきり言ってあまり良く無く、期待はずれの感があります。 まず、1200万画素とは思えない解像感、そして映像の暗さ、ピントの甘さが気になります。

特に、撮れる映像が総じて暗いです。 地面に対して水平に固定してみたところ、空に露出が合ってそれ以外は暗く潰れたような映像になります。 少し下向きに傾けて、空の割合を少なくしても、少しは改善する程度です。 また、テキストファイルで設定を調整する方法などは用意されておらず、最新のファームウェアでも改善しませんでした。

その他にも、ピントが甘いのですが、これは他のドライブレコーダー製品についても同様です。 この手の用途では、少し遠くにピントを置きたいのですが、手前に合ってしまいます。 マニュアルで調整できれば良いのですが、この製品は日付以外の設定を変更することができません。

時計の設定と表示の消去

時計の設定は、SDカードのルートディレクトリに、TIME.txt というファイルを置いて行います。 この TIME.txt に「2015.06.23 19:00:00」などと現在の日付と時刻を書き込んでカメラに入れ、電源を入れれば取り込んでくれます。 なお、取り込みに成功すれば、TIME.txt は削除されます。 日付表示を消したい場合は、「2015.06.23 19:00:00 N」のようにすれば OK です。

ファームウェアのアップデート

SJCAM にあるファームウェアのリンクが、なぜか切れています。 検索すれば、他のサイトからダウンロードできますが、導入するかどうかは慎重に判断してください。 なお、ファームウェアのアップデートも、解凍した、拡張子が bin のファイルを時計の設定と同じように読み込ませてあげれば良いです。 ただし、時計のときと違って bin ファイルは削除されません。 日付と時刻の表示が多少変わるので、それで成否を判断してください。

総合評価:★★☆☆☆

値段が安く、豊富な取り付け部品が付属している点は評価しても良いと思います。 しかし、撮りっぱなしでは暗すぎて映像素材として使うには無理があるでしょう。 電池の持ちは良さそうなので、自転車に取り付けて撮りっぱなしにしておき、ドライブレコーダー代わりに使えると思います。


桜の季節の新潟市を駆け足でどうぞ。走行ルートは、鳥屋野潟 ⇒ 鷲ノ木桜遊園 ⇒ 西川沿い ⇒ すご堀の桜並木 ⇒ さくらの舞う道(覚路津) ⇒ 雁巻の桜並木(小須戸桜ロード)です。OPは、加治川治水公園、EDは、石山のしだれ桜です。

ちなみに、最後に鳴くウグイスはこいつです。という訳で、答えは5番、ざーんねん(*^_^*)

YouTubeにアップロードしたら画質が落ちて、桜が溶けてしまいました。YouTubeへ行って720pHDにしてもあんまり変わらないし、ビットレート落とさないようにできないのかな。

04/14 新潟市中央区など
iPhone5→TMPGEnc VMW5
Tags #植物 #桜 #ドライブレコーダー #動画
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

NIIGATA光のページェントの新潟駅南けやき並木です。なかなか雪が積もりませんので、ドライブレコーダーによる横着な動画です。途中、立ち寄るロータリーは新潟駅の南口で、中心市街地とは反対側にあります。このイルミネーションは、バレンタインデーまで催されます。雪が積もれば、また見違えることでしょう。

動画は5倍速+残像残しの超速動画にしました。だいぶスピード出しているように見えますが、30km程度しか出してません。

01/06 新潟市中央区
iPhone5→TMPGEnc VMW5
Tags #夜景 #イルミネーション #ドライブレコーダー #動画
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です