ゲーム : してログ

12

ファミコンなんて持ってないのに、懐かしさにでついついレジに持って行ってしまいました。裏には栃木県のファミコンショップ・ヒーローの3ヵ月保証シール、マジックで「さんご」と書いてある。珊瑚ちゃん(女の子?)でいいのか変わった名前ですね。

ワルキューレの冒険は、子供のころ買った数少ないソフトの1本でした。内容はさすがに忘れてしまったけど、メインテーマの音楽だったら未だに口ずさめます。アーケードのアクションゲームになったほうが好きですけどね。

連休中に修正したドット絵を比較で紹介します。他もちょっと修正したいところがあって作業中です。今回、プログラムも少し弄るよ。ちなみに腰の具合はやっと回復の兆しが見えてきたってとこ。

(左:オリジナル) タイトルロゴの描画し忘れ (右:修正版)
(左:オリジナル) タイトルロゴの描画し忘れ (右:修正版)
(左:オリジナル) ガルバーラ作画ミス (右:修正版)
(左:オリジナル) ガルバーラ作画ミス (右:修正版)
(左:オリジナル) ドモグラムの作画ミス (右:修正版)
(左:オリジナル) ドモグラムの作画ミス (右:修正版)
(左:オリジナル) グロブダーに影を追加 (修正版:右)
(左:オリジナル) グロブダーに影を追加 (修正版:右)
(左:オリジナル) ゾルバクの影を修正 (修正版:右)
(左:オリジナル) ゾルバクの影を修正 (修正版:右)
(左:オリジナル) 残機表示 (修正版:右)
(左:オリジナル) 残機表示 (修正版:右)

ガルバーラの右上の稜線とか、アーケード版プレイしていて気になる部分がありますよね。腰が痛くてGW出かけられないので、いろいろとキャラクタダンプとかツール作ってたんですが、他にもいろいろ見つけて直したくなってる。今まで見つけたものをリスト化してみると…

  • タイトルロゴ(カラーのほう)で“V”の左上部分が描かれていない
  • ガルバーラ基部の右上方向の稜線が描かれていない(稜線が途中で途切れている)
  • ドモグラムの影が本体から1ピクセル離れている(不自然に透明な隙間がある)
  • ゾルバクの影がいびつに見える(影の処理がログラムと違う)
  • グロブダーに影が無いのが不自然
  • フォントのデザインが統一されていない(ひげの有無や、“ゼロ”と“オー”のグリフが一緒など)
(左:オリジナル) ガルバーラ作画ミス (右:修正版)
(左:オリジナル) ガルバーラ作画ミス (右:修正版)

手持ちの移植版ゼビウスをざっと調べてみましたが、完全移植とかだとこういうミスは修正されていない(当然だが)。おもしろいのは、移植具合があまり良ろしくないPS版ナムコミュージアムvol.2だけが、タイトルロゴとガルバーラを修正していました。逆に修正してても良さそうなゼビウスアレンジメントは、オリジナル版のままでした。

これからも移植版はオリジナルに忠実だろうと思うので、ここはひとつこれらを修正した改造バージョンを作ってみようかと。46本目のソルと合わせた、デバッグ版ゼビウスがあってもいいかな。

先日ジャンクで購入した REAL ARCADE PRO V3-SA をレストアしました。基本的にはネットで公開されているテンプレートを使ってカットした感じです。ついでに、ニコチン臭の除去と加水分解でベタついていた筐体の洗浄を行いました。手順等は他所に譲るとして注意点だけ書いて行きます。

  • 天板の素材はエンビ0.5mmクリアを使用しました
  • 印刷はデザインした寸法になるようプリンタの設定に注意(Photoshopエレメンツを持っているとグッド)
  • カットラインですが、少し大きめ(ラインを落とす感じ)にした方が良い
  • 円切りカッターを使う場合は、中心がズレないように注意し、一回で切らないようにする(軽く溝を掘って何度もなぞってカットする)
  • ボタンのコードはラジオペンチなどを使わないと固くて、下手すると端子を曲げてしまうので注意
  • 天板を止めるネジは付属の皿ねじを使わず、適当なトラスねじを用意する

表面はかなり綺麗にしたのですが、開けた途端に酷いニコチン臭がしてウッってなりました。ベタついたプラスチック部分は、アルコール消毒用のクリーナーで吹き上げ、内部はクレンザーを使って綺麗に。基板とコードは埃をエアダスターで飛ばしてから消臭スプレーという感じで、もうほとんど匂いやベタつきが無くなって快適なプレー環境ができました。

先日公開したゼビウスの改造コードをMAME用チートファイルにしてみました。見よう見まねでチートコードを書いたのですが、ROMをハックするよりいい仕組みだと思います。ただ、広範囲の書き換えや prom などはどうしたらいいのか、色々と分からないことばかりで、パレットの書き換え、キャラクタの書き換え、プログラムのパッチなどはまだ難しいです。

ダウンロード
使い方
  • チートが有効になっていない場合は、mame.ini で有効にしておく
  • ダウンロードしたファイルを解凍し、cheat ディレクトリに置く
  • xevious を起動しチートで "46th sol bug-fix" の項目があるので on にする

今日、ハードオフのジャンクコーナーを眺めていたら、REAL ARCADE PRO. V3-SA が置いてあって購入してきました。ちょっと迷ったのは天板マットの状態と、タバコのヤニ(少し触っただけでベタベタする)が酷かった点、あとこの状態で2,160円というお値段。でもレバーやボタンを操作してみて、今使っている FIGHTING STICK V3 とのあまりの違いにほぼ即決でレジに持っていきました。

ボロボロの天板マット
ボロボロの天板マット
でも見紛うことなくRAPです
でも見紛うことなくRAPです

家に帰ってさっと掃除してから1プレイしてみましたが、やっぱりぜんぜん違うわこれ。レバーもボタンも軽くて、正確な入力と手連のし易さに腐ってもこれがRAP、あの値段(定価)は高すぎるけどその良さを十分に実感できました。

ただ1プレイしただけで手がベタベタして気持ち悪いし、ニコチン臭がするし、ちょっと無理って感じです。一度分解して徹底的に掃除するまでは置いておこうかな。天板マットは張り替えてるユーザーもいるみたいだから、掃除のついでに工作してみようかと思っています。

MAMEだけだとアレなので、Windows95版のナムコヒストリーVol.1に収録されているゼビウスを改造して、幻の46本目のソルを出してみました。環境はWindows98seで、キーボードによる操作なのでかなり苦労しましたが、見事に出現して感激しました。他には、Ultra2000版のゼビウスもエミュレータ実装なので同じことができると思います。

NAMCO HISTORY VOL.1 XEVIOUS
NAMCO HISTORY VOL.1 XEVIOUS
NAMCO HISTORY VOL.1 SUPER XEVIOUS
NAMCO HISTORY VOL.1 SUPER XEVIOUS

こうなると、アーケード基板でも見たくなりますが、実家で探したところコントロールボックスが捨てられたのか見当たらなくて(基板はありました)、すぐには出来なさそうです。自作するか中古で買ってくるか、とにかく動作確認ができたらROMライタで試してみようかと思います。

関連記事

最後のソルはかなり意外(というか陰険)な場所でした。「ゼビウス・ガンプの謎はすべて解けた!? 」のガンプモードでソル全42本、スペシャルフラッグ4本、すべて自分の力だけで見つけました。見返してみると、いかにもゼビウス的なありそうな場所には無く、反則的な隠し方がされている感が否めません。これクォータービューだと探し当てるの無理なんじゃないでしょうかね。

このソルはイカンでしょ
このソルはイカンでしょ

初期のクォータービューがイマイチで iPhone の肥やしだった本作を今更ながらプレイしてます。縦スクロールのほうが操作性も良くて、こっちをメインにしてクォータービューはオマケにしたら成功したかも知れない。ガンプとVSのほうはソルを探索中ですが、なかなか探す暇がないゲーム性となっていてあまり探せてません。とりあえず、エリア4のソルはどこでしょう?

まともな攻略サイトが無いようですので、メモ代わりにソルのスクリーンショットを集めた攻略ページを作りました。オリジナルモードはまだ探索率50%程度となっております。アーケードモードは非破壊(周囲)イメージでコンプリートしました。

上がオリジナルのカラーです
上がオリジナルのカラーです

小説ゼビウスに出てきたような記憶がある、イヴ機の黒いソルバルウに改造してみました。上がオリジナルの白、左が灰色バージョン、右がかなり黒くしたバージョンです。単体で見るとなかなか良さそうだったのですが、いざ書き換えてみるとちょっと残念な感じです。

実際にゲームを書き換えてみたの図
実際にゲームを書き換えてみたの図

並べてみるとやはりオリジナルの明るいソルバルウがいいと思いました。ゼビウスってなまら完成度が高いので、どんな改造も蛇足になっちゃうんですよね。青いラインすら別のに変えるとしっくりこないのには感服致しました。

12