カーブミラー : してログ


あじさい園とかで見るものよりこういうのに写欲が湧くんですが、病気でしょうか。今年も、アヤメ園、バラ園など行っては見てるんだけどねぇ。。。

GIGAZINEにカメラのホワイトバランスを取るグッズが紹介されています。トーンマッピングは素材の僅かなホワイトバランスの崩れを誇張してしまいます。最終的に調整するんですが、弄ってるうちに分けわかんなくなるときも多いです。バッグに忍ばせておくと便利かなぁ。

6/23 新発田市(たぶん)
Canon PowerShot S100
HDR JPG×3→PhotomatixTpzAdjustPhotoshop
Tags #花 #紫陽花 #カーブミラー #看板
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

HDR合成までは正確無比に作業、創造的作業はそれからって話を昨日した。でもそれは基本であって、意図的に崩してみると表現の幅が広がることもある。実際、そうやってすばらしい作品に仕上げている人もいるから、どれが正解ってのは無いのかも知れない。

この画像を見て階調が反転してるっぽいと気づいた人は、するどい人。でもちょっと違う。

正解は、Photomatixで合成するとき、露出補正値の符号を反転させた、というもの。EXIF情報を書き換えるのは大変なので、同じ露出補正値の画像があるとダイアログが出るのをうまく利用します。

やり方は、まず合成する画像の一つを複製します。それを含む画像セットをPhotomatixで開くと、前述のダイアログが出ますので、すべて符号を反転させます。複製したファイルを含めても、仕上がり画像には影響しないので、気にしないでよいです。

やる素材によってかなりイメージが変わるので使い所が難しいですが、階調反転したような非現実的な雰囲気や、アニメっぽいトーンジャンプが出てきたり、なかなか面白い効果になるかも知れません。

11/12 新潟市中央区 関屋駅付近
Canon EOS Kiss X4SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
HDR RAW×3→PhotomatixTpzAdjustPhotoshop[T]
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

これを撮った後に悲劇が。。。カメラを仕舞っていると、突風で三脚が倒れ雲台のレバーが粉々に(T_T) 幸いカメラは取り外し後だったので、安物三脚だけの被害で済みました。もう一本の安物三脚もエレベーターのハンドルが折れてるし、ネジがバカになってるので、こりゃ三脚を最優先に考えなきゃだめっしょ。

11/20 新潟市西区 西川沿いの道にて
Canon EOS Kiss X4 on ML/SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
HDR JPG×9→Photomatix/TpzAdjust
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です


こういうのうまくなりたい今日日。何枚撮ってもうまくならん
チャリオバサンは除霊したけど、カーブミラーの中の車は見逃しちゃった
縮小したら、ほとんど分かんなくなったからいいや

看板見てて思ったけど、黒字に白or黄のキリスト看板、ほとんど見なくなったな
実家あたり歩けばまだあるだろうか。。。こんど意識してみよっと

4/2 新潟市中央区 新潟島のどこか
Canon EOS Kiss X4/EFS18-55mmIS
RAW×3→Photomatix Pro 4.0.2/Topaz Adjust 4.1.0
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です


なかなか決まらないし、構図は出たとこ勝負だけど、ノーファインダーは楽しい
ローアングルやハイアングルで、ときどきやります

そう言えば
新しい Kiss X5 はディスプレイがビデオカメラみたいに開いて回るんだけど、これいいなー
ライブビューで、自撮りしたり、地べたに置いて超ローアングルとかやってみたい

今日は、晴れたり、曇ったり、天気雪だったりとめちゃくちゃでしたね
鏡の中と外で天気が違う、面白い画になりました


3/2 新潟市西区 某交差点にて
Canon EOS Kiss X4/TAMRON 18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
RAW×1→Topaz Adjust 4.1.0/Photoshop Elements
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です
イチョウの紅葉が見頃だというので、ちょっくら出かけてみた。
樹齢数百年の大イチョウのデカさは圧巻です。

車で1時間くらいのところなのに、こんなに異世界な風景があるなんて
ちょっと感激いたしました。

人がいなくなる一瞬を待って素早く撮影
(範囲を狭くするためちょとアップに)
右奥の車以外邪魔なものが入らなくていい感じ

同じ木を引きで撮るとこんなかんじ
常に人が取り巻いているので
合成するとどうしても動いている人がいる

周りのお家はどれもタイムスリップしたかのよう
生活感もあり、電線が無ければ本当にそんなかんじだ
薪が積んであったり、茅葺きだったり

まだ青い木も

落ち葉でふかふかの地面はまっ黄色
夕暮れのオレンジとダブルで燃えるようです

なんかいいところだな〜

その他の写真はこちらです


HDRへの画像の処理は、手順を固定して自動化してみました。
プリセットの設定で変換すると、赤が強く出るようなので、最後に落ち着かせています。
やはり三脚使ってオートブラケットで撮ったほうがブレが無く綺麗です。
日中だったら、ハンドのオートブラケットでもイケますが、それでも三脚がいいです。
あと、ISO値はできるだけ下げて、ほとんどISO100で撮るのが良さそうです。

HDR合成すると、何気ないものでも芸術的になるんですが
カメラに関してはまじ初心者なんで
構図の決め方や、カメラの操作にまごついて、シャッターチャンス逃したり
まぁ、ちょっとずつレベルアップしていきたいなと思いますわ。
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です