カメ : してログ


勝手に騒いで、勝手に裏切られたって、メディアもネットも、あんり過ぎるだろう。

小保方さんって、自分で興味深い現象を見つけ、それをSTAP細胞と名づけた訳でしょ? なのに、記者会見の場で「STAP細胞は本当にありますか?」って、この記者頭悪いよね。もう一度言うけど「見つけたものをSTAPと名づけた」です。

少しの間違えで、こんなに叩かれてしまう社会って、恐ろしいことだと思うんです。仮に、STAP論文の結論が間違っていたとしても、それは責められるべきことではないし、詳しい再現実験したけどやっぱりこの結果にはならなかったよね、で許されるできでしょう。まして、今回の論文では「どうやら、STAP現象と名づけたものがあるようだ」くらいのもので、本人も、これから再現実験をして最適パスを見つけるって言ってますよね。

ただの一般人に対して、テレビは犯罪者扱いし、新聞ではデカデカと泣き顔を晒され、学者からも倫理を疑われ、コスプレグッズまで出されてしまう始末。「30代の研究者は未熟」とか言ってましたが、だったら指導役の偉い人の責任でしょうよ。真っ先に記者会見して説明すべきだと思いますが、何か間違ってますでしょか?

04/12 新潟市中央区 鳥屋野潟公園
Canon EOS Kiss X4 / EF300mm1:4L
TMI RAW×1→PhotomatixTpzAdjustPhotoshop
Tags #生き物 #爬虫類 #カメ #考える
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です