イリジウムフレア : してログ


今朝のイリジウムフレアです。予測光度マイナス7.8の場所で撮影しました。近くに半月(左上に兆しが写っている)がある関係で暗めの露出で撮影し、それでも飽和するのはフラット補正で沈めました。今回はフレアを起こす前後も肉眼で見えたので、月以外の条件は良かったようです。

↑フレアの部分を拡大したもの
前後の細い線はフレアを起こしていない状態の衛星です

↑画角内に天王星が入ってるようでしたので、特定してみました。
だいぶ極端なトーンカーブで持ち上げたら、ちゃんと天王星らしい青緑色が確認できました♪


9/8 4:06:48 Iridium62 Mag=-7.8
Canon EOS Kiss X4SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
RAW×3→Photoshopで現像&調整&書き込み
Tags #イリジウムフレア #天王星
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

イリジウムフレアが期待通りの輝きにならない原因を調査中です。一応一日前に再計算させましたし、Heavens AboveSPUTNIK!(iPhoneアプリ)で確かめましたが。。。

■Heavens Aboveを使った観測地の絞込み方法

Heavens Above
http://www.heavens-above.com

上記サイトを開きます。



まず、適当な観測地(自宅など)を指定します。Configuration の select from map をクリックして、グーグルマップの地図を出します。


拡大して、観測地をクリックするとマーカーが立ちます。ここでは、新潟県庁を選択しました。下部に、緯度経度が表示されます。Submit を押す前に、Time zone を (GMT+9) Japan にしてください。最初のメニューに戻りますので、Satellites の Iridium Flares - next 7 days をクリックします。


向こう一週間分の観測可能なイリジウムフレアの情報がリストされます。Date - Local Time列は現象の日時、Intensity(Mag)列が、その地点(ここでは新潟県庁)での予想等級(マイナスの数が大きいほうが明るい)、Alt列は仰角(見上げる角度)、Azimuth列は方位、Distance to flare centre列は現象の中心までの距離、Intensity at flare centre (Mag.)列は現象の中心における予想等級(通常はマイナス8)です。

明るいのは中心地からの距離が近いものなので、9/8 04:06:48 が良さそうです。ここで、Local Timeのリンクをクリックすると、現象の詳細が表示されます。


簡易地図では、観測地点(Youの位置:ここでは新潟県庁)から現象の中心地までの方角と距離も分かります。西に7.7kmとありますので、新潟県庁で見るより、西に7kmほど移動してみた方が明るくなるということです。

そこで、中心位置はどこか調べてみましょう。Flare centre is at ... の部分に緯度経度がありますので、これを範囲選択してコピー(Ctrl+C)します。Googleマップを開き、検索ボックスにペースト(Ctrl+V)し検索してください。


緑色の矢印の位置で見ればマイナス8等級で輝くことが予想されます。

が、おやおや?今朝計算させた位置と違いますね。今朝は新川漁港を観測地として選択して計算させました。その結果は新大の敷地近くの陸地でした。もう一度計算しなおしてもそこでしたので、今のところまったくの謎です。計算誤差なのかな〜。

でも、このサイトの使い方は、これで合ってると思います。

ちなみに、SPUTNIK! では中心位置とそこまでの距離は出ませんが、このサイトの計算結果とほぼ合致します。

<考えられる原因>

1. 衛星の姿勢制御が行われた。どこかで不調な衛星リストっての見たけど再表示できませんでした。

2. 観測地の指定の際、Altitudeの欄をゼロにしているから? 標高(ジオイド高?)を求めたい。

3. 運が悪かった(いや〜ん)

4. 瞬きしていた(うっそ〜ん)


<9/11追記:中心位置が違った理由>

イリジウムフレアの中心は帯状になるので、そのラインへの最短距離(垂線を下ろしている)は観測地点によって変わってくる。別の衛星推算サイトCalskyではマップ上にラインを示せるので分かりやすい。


8/5 新潟市中央区 新潟花火時に見られたイリジウムフレア
Canon EOS Kiss X4SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
RAW×1→Photoshopで現像
Tags #イリジウムフレア
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

写真には写りましたが、肉眼では見えませんでした。たぶん予報外れてものすごく暗かったんじゃないかな。位置は寸分の狂いもない予報通りでした。早起きしたのに、残念な結果でしたので、また寝ます!

向こう一週間の予報を見たら9/8にリベンジできそうです。
9/8 4:06:49 新潟大学(五十嵐)付近 方位:211度/仰角:54度/等級:-8.0
出現位置は今日とほぼ同じ位置です。

なお、イリジウムフレアの予報と観測地の絞込みは、下記サイトでできます。
http://www.heavens-above.com

9/2 4:33 新潟市西区
Canon EOS Kiss X4SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
RAW×1→Photoshopで現像後、フラット補正
Iridium65 方位:197度/仰角:60度/等級:-8.0
Tags #イリジウムフレア
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です



イリジウムフレア2個目です。シャッタースピードは30秒にして、予測時間の15秒前に切り始めています。シャッタースピードを長くした代わりにISO200にしてバランスを取りましが、-6.6等と明るいおかげでうまく写りました。

8/4 2:44:07 新潟市西区 東の空
Iridium52 ⇔105°↑14°M-6.6
Canon EOS Kiss X4SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
JPG(SS30s,F3.5,ISO200)×1→Photoshop
Tags #イリジウムフレア #星景写真 #金星 #橋 #ときめき橋
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

睡眠不足バンザイ。ウィンブルドン→オリンピック、コレは辛い。。。

イリジウムフレアを初めて撮ってみました。数十秒の現象なので、ISSと違って単写しないといけません。しかし、シャッターを開けすぎると地上が明るくなりすぎるし、絞ると星の写りが少なくなってしまう。最も難しいのは、シャッターの切り始めのタイミング、それを外してしまうと失敗写真確定ですね。

右下、Iridium53 ⇔99°↑13°M-3.4
昴から左下、順に木星、金星

8/2 2:53:32 新潟市西区 東の空
Canon EOS Kiss X4SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
JPG(SS20s,F3.5,ISO400)×1→Photoshop
Tags #イリジウムフレア #星景写真 #金星 #木星 #昴
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です