アーケード基板 : してログ

安かったので大量購入
安かったので大量購入

探していた UVEPROM 2732 / 2764 ですが、若松通商というところで見つけました。新品で367円と安く、在庫も1000以上あるようで、同じように探している人はお勧めです。他のところで700円以上も出して買わなくても良かったし、もう少し早く見つけていればと残念至極です。

これでゼビウスの基板上の ROM を総とっかえできる分揃いました。今作っている敵配置をゼロから作り直した新16エリア版も作れそうです。もう一枚ゼビウス買って、オリジナル版、デバッグ版、新16エリア版にしとこうか激しく悩みます。

実機でも出た!
実機でも出た!

やっぱり実機で出ている姿は格別なものがあります。いくらアプコンの絵がヘロヘロでも、なんとなく格式の高さを感じてしまいます。EPROM が足りなくて、スプライトのドット絵は修正できていませんが、なんとか確保してこれからプレイするデバッグ版基板にしたいですね。

動画はキャプチャー機材を持っていないのでスマホ撮影ですみません。しかし、昨日アップしたんですが、あいかわらずゼビウス動画の再生数は少ないですね。ニコニコはしばらく後にまた削除することになると思います(アップロード数に制限があるので)。

ようやくこのときが来ました(当初の目標はこれだったはず)。

出現テーブルの解析から始めて、バグの原因と解決方法が分かってエミュレータ上や、ナムコヒストリーの改造では確認できていたものの、本物の基板上で出すというのは非常に感慨深いものがあるはずです。今回は作業に使った機材とか、確認に使った基板などをご紹介します。なお、直接録画できる環境が無いので、動作している様子は後日公開します。

これがゼビウスの基板だ

これが私の所有するゼビウスの基板で、2枚持っているうちの最近買ったほうかな(改造するから保存用と別に揃えたのだよ)。昔は1万以下で手に入れられたけど、最近は3~4万に値段が上がってるっぽい。

ご覧のようにシールが破損して読みにくくなっているので、写真を撮って分かるようにしておきました。作業前に一度通電させて遊んだら、いつの間にか1周していました(やはり本物はいいですネ)。ちなみにこの基板、電源投入直後は背景が時おりフラッシュするような不具合があるみたいですが、時間が経つと安定するようです。

表側?プログラムと出現テーブルの ROM が乗っています
表側?プログラムと出現テーブルの ROM が乗っています
裏側?こちらはスプライトのデータとかの ROM です
裏側?こちらはスプライトのデータとかの ROM です
左はシールが破れたのか補修してある XVI 1 の ROM
左はシールが破れたのか補修してある XVI 1 の ROM
XVI 2 以外の 4KB はこの三菱の M5L2732K です
XVI 2 以外の 4KB はこの三菱の M5L2732K です
右側の XVI 6 が出現テーブルを格納しています
右側の XVI 6 が出現テーブルを格納しています
表側は XVI 7 でラスト(なぜか 8 は欠番)
表側は XVI 7 でラスト(なぜか 8 は欠番)
ここから裏側で、背景マップとかスプライトとかです
ここから裏側で、背景マップとかスプライトとかです
文字データや背景キャラクタの ROM
文字データや背景キャラクタの ROM
この辺がスプライト(容量の大きい ROM がいくつか)
この辺がスプライト(容量の大きい ROM がいくつか)
小さいのはパレットなどの ROM です
小さいのはパレットなどの ROM です
発熱するのか焦げた色になっています
発熱するのか焦げた色になっています
この辺は文字も読み取れないほどシールが痛んでいます
この辺は文字も読み取れないほどシールが痛んでいます

差し替え ROM の調達

これがなかなか厄介でした。ゼビウスで使われているものは、UVEPROM で 2732 と 2764 なのですが、もう希少パーツになっています。最初、ヤフオクでウォッチしていたんですが、所有の安いプログラマで書き込める型番のがなかなかありません。オリジナルが使っている三菱の M5L2732K は結構出てるのですが、サポートリストにないしダメ元で1個買ってみましたが、やっぱりダメでした。この三菱のやつは、吸い出しはできるのですけどね、うまく行かないもんです。

ずっとこんな状態でしたので諦めかけてたわけですが、最近少ないながら新品在庫を持っている会社を発見します。そこでサポートリストにある富士通の MBM2732A-25 というのをどうにか4個ゲットできました(ちなみに、そこの最終在庫でした)。これだと数が足りなくて、スプライトやマップの書き換えまでは無理ですが、幻のソルを出すだけなら2個あればできる状態になりました。ちなみに1個700円くらいで割高&希少、消去する機材も無いので失敗は許されません。

ようやく見つけた 2732
ようやく見つけた 2732

まずはオリジナルデータのバックアップ

この作業は過去やっておりますが、念のため全 ROM のバックアップを取りました。取り外すときのパキパキっていう音が心臓に悪い、基板にあまりストレスかけると半田クラックしそうで心配です。ちなみに、これらのチップはプログラマのデバイスリストに無いものでしたが、問題なく読み込めました。

プログラマにセットして読み取っている様子
プログラマにセットして読み取っている様子

データの書き込み

まず届いた EPROM をプログラマに乗せ、とりあえずブランクチェックをしてみました。ここまでは問題なし、次に書き換えたデータを読み込み、プログラム(書き込み)をしたところ問題発生です。なんか開始した途端にエラーで中止されてしまいます。型番は合っているし、認識もできている、しばらく悩んでしまいました。結局、データシートを確認し書き込み時のボルテージが低いためだと気づきました。データシートどおりの設定に変更し、再プログラムを行ったところうまく行きました。

デフォルトの VPP Voltage だとエラーになる
デフォルトの VPP Voltage だとエラーになる

そして乗せ換え

この辺はアーケード基板を触ったことある人ならやったことあると思います。ドライバーなんかでもできますが、IC の脚を折らないように引き抜き器具を使ったほうがいいです。今回は新しい ROM なので脚を少し曲げてあげないとダメなのですが、こちらは専用器具を使わず定規と机のカドを使って曲げました。ソケットの幅に合ったら、向きを間違えずに差し込めば交換完了です。

今回は用意できた EPROM の数が揃わなかったので、出現テーブルとプログラムの2つを交換しました。プログラムの方は ROM チェックのバイパスと、エリア表示と残機表示の改善も含んでいます。写真で黄色いマルで囲った ROM がそれで、取り外したオリジナルは脇に置いてあります。後はデータが消えないようにシールを貼れば OK ですが、適当なのが無いのでしばらくここままでいいでしょう。

黄色のマルが交換した ROM
黄色のマルが交換した ROM

緊張の動作確認

接続確認を入念に行い電源投入、安いアプコンのロゴの後、おなじみのキャラモザイク、ROM, RAM チェック、デデーンっとタイトル画面が。クレジット、スタート、ファンファーレ、おお、ここまで問題無ければほぼ間違いなくうまく行っています。それではエリア6まで軽くフライトと行きましょう。。。。次回に続く。

さあてどうなるか。。。
さあてどうなるか。。。