アイソン彗星 : してログ



最初にして最後のショットとなってしまいましたので、素材を整理して再編集してみました。どちらもアニメーションGIFとなっております。1枚めは、少し微速度撮影した23枚の画像を、彗星の尾が見やすいよう Topaz Adjust で最大限調整したものです。2枚めは、大気の薄明光を少し減じて彗星本来の色に戻したものと、それを白黒階調反転させたものです。

今となっては、23日頑張っておいて良かったです。アイソンは残念な結果となりましたが、今見ごろのラヴジョイ彗星でも窺いながら、ふたご座流星群を楽しみに待つとします。

2013/11/23 05:44JST
C/2012 S1 (ISON)
種類: 彗星
等級: 3.00 (大気減光時: 4.47)
絶対等級: 7.00
赤経/赤緯 (J2000): 14h28m50.1s/-17°28'03.2"
赤経/赤緯 (瞬時): 14h29m36s/-17°31'44"
銀経/銀緯: -26°24'27.6"/+39°32'09.6"
時角/赤緯: 19h38m33s/-17°31'44" (幾何学上の)
時角/赤緯: 19h38m54s/-17°26'55" (見かけ上の)
方位角/高度: +119°04'19"/+7°22'53" (幾何学上の)
方位角/高度: +119°04'19"/+7°29'51" (見かけ上の)
距離: 0.86053663天文単位

11/22 29:40 C/2012 S1 (ISON)
Canon EOS Kiss X4EFS60mm
Canon EOS Kiss X4/EF300mm1:4L
Tags #天体観測 #彗星 #アイソン彗星 #C/2012S1 #アニメーションGIF
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

アイソン彗星(C/2012 S1) 11/22 29:38 RAW×1

厳しい条件ながらアイソン彗星も撮影成功しました。左が水星、右がアイソン彗星です。水星の下には土星とエンケ彗星があるはずですが、薄明に溶けて見ることができませんでした。つかの間見えていた尾も、すぐに薄明に消えていきました。


アイソン彗星(C/2012 S1) 11/22 29:46 RAW×4

300mmで撮ったアイソン彗星です。1枚めから10分も経っていませんが、すでに尾を確認するのが困難です。

今日も狙ってみますが、6:00の時点で、水星・土星が10度、アイソン彗星・エンケ彗星が5度の高さで更に厳しそうです。また、明日から雨の予報です。この時期、日本海側は時雨れることが多く、見れただけでも奇跡的なことだと思います。

2013/11/23 05:38JST
C/2012 S1 (ISON)
種類: 彗星
等級: 3.00 (大気減光時: 4.67)
絶対等級: 7.00
赤経/赤緯 (J2000): 14h28m46.5s/-17°27'43.6"
赤経/赤緯 (瞬時): 14h29m33s/-17°31'25"
銀経/銀緯: -26°25'14.9"/+39°32'51.7"
時角/赤緯: 19h32m35s/-17°31'25" (幾何学上の)
時角/赤緯: 19h32m59s/-17°25'60" (見かけ上の)
方位角/高度: +118°05'07"/+6°21'13" (幾何学上の)
方位角/高度: +118°05'07"/+6°29'08" (見かけ上の)
距離: 0.86051388天文単位

11/23 南蒲原郡田上町
Canon EOS Kiss X4/EF300mm1:4L
Canon EOS Kiss X4EFS60mm
Tags #天体観測 #彗星 #アイソン彗星 #水星 #C/2012S1
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です