してログ

このブログでは、主に技術系の話題やネット関連の話題を扱います。 ネーミングはまだしっくりいってないけど、「LANDHERE Web Site log」→「Site blog」→「Sitelog」→「してログ」、とりあえず。

「てろん」「てんてろりん」「てろん」「てろん」といった感じのやつ。前から気にはなっていた、USBのカードリーダーがひとりでに切断と接続を繰り返す、というこの問題。ずっとUSBコネクタの接触不良か、カードリーダーの劣化だと思っていました。

使っているときは大丈夫だったのですが、今日は違ったので色々と調べてみると、解決方法がありました。「電源とスリープ」の設定を開き、「電源の追加設定」「プラン設定の変更」「詳細な電源設定の変更」の順にクリックします。設定項目の中から、「USB 設定」「USB のセレクティブ サスペンドの設定」を開け、これを「無効」に変更します。これで解消されました(静かになりました)。

こ、こんなところに
こ、こんなところに

ジャンクのPS用ジョイスティックをFC互換機用に改造してみたのでご紹介。FC互換機のコントローラは操作し難かったり、耐久性に問題があるものばかりで、シューティングだと辛い。今回はかなり遠いハードオフまで出かけて見つけた、HORI Fighting Stick PS(300円)を使ってみました。

ネオファミ用コントローラの基板
ネオファミ用コントローラの基板
リード線をハンダ付け
リード線をハンダ付け
ジョイスティックに実装
ジョイスティックに実装
完成したコントローラ
完成したコントローラ

中央の連射スイッチ、セレクト、スタートボタンのパネルは死んでいます。ネオファミの連射ボタンを□△に、セレクトとスタートはR1とR2に配線しました。余ったL1とL2はBとAを複数配線して、操作しやすいボタン配置を選べるようにしています。逆にSLOW(スタート自動連打のトグルボタン)は使わないので配線しませんでした。

特に難しいところは無かったのですが、ポイントとなる部分は次の通り。互換機の基板をどう固定するか悩みましたが、両面テープとゴムマットで貼り付けました。元のボタンの部分は直接基板に実装されていましたので、基板の取り外しに苦労しました(ハンダ吸い取り線を使用しました)。この部分はタダの足で芯線をカラゲルことができないので、多めにハンダメッキして横から当てて溶かしてくっ付ける戦法を取りました。あと、連射用のグランドは別になっているので注意が必要です。もうちょっと細いリード線を使えば楽だったかもしれません。

HORI Fighting Stick PS

ネオファミ用コントローラ

ハンダ吸い取り線

2017-08-21 04:55~05:15
2017-08-21 04:55~05:15

恐らく天頂環よりレアじゃないかと思うノーマル虹、映ってました! カメラの方向が西向きなので、朝しか映りません。なので1年に1回あるか無いか程度の確率だと思います。良く見ると、僅かに副虹が見えるので、今回は認定させていただきます。

また赤い半透明のずんぐりとしたコントローラを買ってきたのですが、今度は斜めが入らない。4方向はちゃんと入るし、右上も入るのですが、そのほかの斜めはまっただくだめ。こういう互換機のコントローラってまともなのあるんでしょうか。無いんでしょうね。中国製に期待するのがそもそも間違いですよね。

改造用のジョイスティックも探しましたが、必要なボタンが欠けていたり、そもそも3ボタンしか無かったり。コントローラでこんなに苦労すると思わなかったなぁ。

諦めてニューファミコンのセット買おうかと思ったのですが、こちらもこちらで専用形状のコネクタなんですよね。なんでスーファミと共通しないの? バカなの? ゲーム業界が衰退するの分かる気がするわ~。

誤って電源プラグが抜けてしまって、リビルド途中のReadyNASもブチ切りされてしまいました。ヤバイなーと思いながら復電してみると、何事も無かったごとくリビルドが再開されて助かりました。リビルドのパーセンテージも中断してところから再開されているようです。

このReadyNASは、iSCSIを割り当ててあって、ESXiのゲストOS(しかもシステムボリューム)にしてあるのですが、特に問題もなくゲストOSは実行されていました。つまり、iSCSIは一時的に接続が切れても、問題が起こらないようになっているらしいです。以前から、ReadyNASのファームウェアアップデートを躊躇して(リブート時にiSCSIが切れるから)いましたが、その心配は無用だったようです。という訳で、ついでのファームウェアアップデートも行っちゃいました。

ファミコン互換機は、先月購入したネオファミしか持っていませんが、昨日コントローラが壊れました。症状は方向ボタンが上に入らない、分解してみると方向キーの裏にねじ止めされている十字の羽のようなプラスチックパーツが折れていました。これでは接着剤で着けてもすぐダメになるだろうし、修理の手立てがありません。仕方ないので、別なのをハードオフで調達しようと探してみることに…。

同じ機種のものは無かったのですが、他のFC互換機のもの2つほど試してみました。白色でプレステタイプの形状、中央に「16bit」と書いてあるもの、これはキー配列が違うらしく動きませんでした。紺色でプレステタイプの形状、「Game Cassette COMPUTER ZERO」と書いてあるもの、こちらは一応動くものの十字キーの上が入りにくい感じ。分解してみると、十字ボタンの裏側にやはり十字のプラスチックパーツがあり、その一部が欠けていました。こちらは、製造時のパーツ切断時に欠けたような感じなので不良品だったのでしょう。

ユーザーレビューを見てみましたが、ネオファミ以外の互換機のコントローラは総じてダメなようです。やはり上が入りにくい、などというレビューも散見され、バリなど工作精度が悪いためじゃないかと思いました。ネオファミのは使い易かった(最初だったので気にしていなかったが)けど、耐久性に問題がありそうです。残るは適当なジョイスティックを調達して、分解した基板とコネクターを再利用する形で2個1する、という手でしょうか。

ReadyNAS の空き容量が寂しくなってきたので、HDD を増設することにしました。利用しているのは4ベイモデルで、空いている2つに4TBずつ増設しようと思います。X-RAID にしてあるので、ただ増設するだけで容量が拡張されるはずです。

増設は至って簡単で、ネジもドライバも必要ありません。NAS を停止する必要もありませんが、増設するとすぐ始まる再構築が非常に時間が掛かるようでした。残り時間が表示されるのですが、48分で終了するのかと思っていたら単位が違い、48時間も掛かるらしいです。丸1日以上経って50%ですから、そこまで掛からないにしてももうひと晩掛かりそうですね。しかも、1本ずつ増設していますので、あと3日ぐらいは掛かるのかな。ちなみに、再構築中はアクセスがかなり遅くなります。あまり利用しないタイミングを選んで計画的に行った方が良さそうです。

2017-07-31 12:30~13:00
2017-07-31 12:30~13:00

かなり薄い出現でしたが、なんとか気づくことができました。今年はくっきりはっきりの出現が無くて、時期も梅雨明けと共にずれ、時間帯も南中前から後になっており、狙っているカメラでは画角外だったり、障害物の裏だったりと消化不良が続いております。これから夏空になってしまえば、環水平アークはまた来年、って感じでしょうか。

このゲームパッド、何年か前についで買いしてほとんど使ってなかったんですが、今日いざ使ってみたところ致命的な欠陥があるようなのです。その欠陥とは、入力にかなりの遅延があることで、シューティングだとまともに操作できないくらいです。正直、購入直後に気づいていれば返品したいところですが、もう諦めるしかないな。

最初、ぜんぜんパッドのせいだと思ってなくて、Windows アップデートしてからの不具合だろうか、ソフトウェアかドライバが悪いんだろうか、と無駄な時間を使ってしまいました。Amazon のレビューにある通り、ゼビウスとかすると、弾避けれない、ブラスター当たらない、逆に自機が動いている気持ち悪い感じ、まぁ1面クリアもままならないほど酷いです。もう、在庫無いと思いますが買わない方がいいですね。

去年買った安物中華ドラレコがやっと役に立ちました。駐車場で環水平アークを撮るために、モバイルバッテリーでずっと撮影し続けていた甲斐がありました。去年の5月はもっと鮮やかな出現が何回かあって、どうにか撮れないかと考えて思いつきました。今年も出現を期待していたのですが、なかなか思い通りに出てくれないものです。


環水平アーク